2018年1月22日月曜日

寺田器ファーストシーズン終了。
























東京、中野はSFギャラリーで開催されていた
波佐見焼による寺田克也の絵がのった食器を観て買おう、という
題して「寺田器・展示即売ショー!」が無事終わりまして
予想してたより多くのお客さんによろこんでいただけた感が
あります!ありがとうございます。

その過程で知ることになった
長崎の有田のとなり波佐見で作られている今回の和食器については
その製造過程をもっとつぶさに書いてみたいと思っておりますよ。
波佐見焼とのご縁をいただいて、あたらしい旅ができました。

今回は旧知の仲であるところのプロダクトデザインや造型作家として
活動してるメチクロの会社との共同企画で、
といってもごく少人数(3人)で始めた作家のグッズ活動ではあるわ
けですが、ここでグッズをただ作って売りました、じゃあんまり楽し
くないので、基本構造としてはオレの中では個展の延長にある、
あくまでも作家の作品としてのプロダクト、でそれを展示して
観て頂く、さらに買える、しかも日常で使ってもらう、という、
あたかもオレの個展活動が鑑賞者の日常に入り込んでいくような
ものになるといいなあ、という趣旨のものです。
と同時に、波佐見焼でいくと決めた後からのじぶんの不勉強さを
知る良い機会にもなり、より深い理解からの今後の作品づくりにも
繋がった感あって、いろいろ結果オーライにせよ、いいカタチが
作れたといっていいのでは!生涯勉強だ!

もうホントにありがとうございます。

ただといっても会場にぽつんと食器だけ置くのも
不安だったので、個展活動ライクな絵の展示も併せてやらせて
もらいましたので、足を運んで観て頂くだけ、というカタチを
とりやすくなっていたのでは、と思います。
去年の秋とこの1月での2度の展示で、絵も入れ替え
寺田器自体も若干のバージョン違い、新アイテム投入という
両方たのしめるスタイルを取れたのもおもしろかった。
関係者のみなさんすべてに感謝です。たのしかったです。

皿や茶碗を購入していただいた方からの、普段使いの様子を
教えていただけるのも、ふつーの個展ではないおもしろさでした。
湯飲みとマグカップが思いの外、売れてしまい、わざわざ来展
いただいても購入できずにいた方にも申し訳ないことしましたが
なかなかギリギリなかんじで見えないところを手探りして
やっております。どうかご寛恕のほどを。
そのかわり、といってはなんですが湯飲みとマグカップは
追加生産を考えていて、その分はギャラリー1階のショップと
通販で販売される可能性がたかいです。
またそのこともアナウンスさせていただくことになります。

つーか、なんだかお店のひとのようなテキストになっております。
ある意味間違ってはないのだが、、、

ともあれ!寺田器の活動は年に一回の予定で今後も
続けていきたいとスタッフと練っているところです。
また次回、寺田器セカンドシーズンにてお会いしましょう。








2017年12月21日木曜日

NEW TEE!あたらしいティー!
























先日渋谷アツコバルーギャラリーでやらせていただいた
バロン吉元寺田克也ふたり展、バッテラ展のときに会場で
公開制作してた絵をTシャツにしてみましたよ。
毎年新作だしてるYonpoから発売中であります。 <リンク

シルクスクリーンで繊細な線までくっきりクログロなしあがり。
イケてます。ぜひぜひ。ぜひ。


2017年12月17日日曜日

個展今日からです(ロサンゼルスで4回目の)























てなわけでロサンゼルスはGR2 galleryで毎年やらせていただいてる
ソロショーが今日(西海岸時間)から始まりますよ。
今年で4年目4回目。
明日の日曜にはライブドローイングイベントなどを
します。














線画主体の軽いエキシビジョンであります。
万が一、あれ?私いまロサンゼルスにいるわ!と偶然にも
ギャラリーの近所にいたりしたら是非とも足をお運びください。

GIANT ROBOT 2 GALLERY

こっちは昼間ならTシャツで過ごせる気温だったりして
寒い東京の冬から避難できていいです。
こないだはロサンゼルスで山火事がスゴかったんですが
LAはやたら広いので全部が燃えてるわけではなくて、
オレが滞在してるあたりは無事なエリアでしたご安心ください。
個展以外の仕事も抱えてきてるので
基本ひきこもり。東京にいるのとたいして変わらないです。
出稼ぎ一段落したら戻ります。
年末は大掃除and仕事だ!

しかし前から思ってたんですけど「個展」て言い方、なんだか
ヘビーな印象がじぶんの中にあって使いにくいんですな。
オレはかるい感じでやりたいのでほんとは「コテン」とカタカナ風味
なんですけど口頭だと伝わらないし。でもアメリカで展示やるよう
になってからソロショーという言い方を手に入れました!
なんかそこはかとなく怪しい響きもあり、
個人的にはしっくりくる言葉。
日本語で似たような感じの言葉ができるといいんだが。
展示、という言葉自体がなんかズシっとくるのは、画数のせいかな。


2017年11月16日木曜日

2018カレンダー発売中ですよ


















































寺田器にあわせてカレンダーつくりました。
詳細、ご購入はこちらからヨロシクー>メガヘルツショップ
かわいいっす。

寺田器のこれから。

























毎年うわごとのように言いますけど、もちろん今年も
言いますよ。え?もう今年おわり!?

中野のギャラリーSFで展開してた、寺田器の第1回
展示即売ショー!2017秋が見事に雨続きの中終了しまして
用意したロットもありがたく完売しましたよ!すごい。
ありがとうございます!

内覧会の日から雨で、オープンしてずっと雨で
3回あった土日が全部雨な上、そのうち2回は台風だった
この展示会。最終日に最後のお客さんを送って外にでたら
見事に晴れ渡って月がキレイでした。
どれだけ雨の神様に愛されたのか、寺田器、、、、、

壁面10メートルほどに描き殴ったマッキーによるお手製
壁紙は先日、スタッフと、寺田の絵を消したい!とやってきた
ロッキン ジェリービンとオレの手によって白いエコフラット60
彼方に消えていきました。エコフラット60というのは
環境配慮形合成樹脂エマルションペイントです。つまりペンキで
ローラーで2度ほど重ねるとまっ白になります。
まあそれはどうでもいいんだが、会期中もったいない
もったいないとお言葉を頂きありがとうございます。

本人はいたって消す前提で描いていたので、感慨もないのですが
考え方としては、収録してない落語、生で観る格闘技の試合の
ような、終わったらカタチは残らないけど、なんかそこに
いた記憶は残る、というライブですかね。
描くのも消すのもたのしかった。

さてと、オレの絵を載せた器という考え方で
いろんなものを作りたいという気分で始めた寺田器ですが、
第一弾は波佐見焼での食器というカタチになりました。
紙とかのかわりに、陶磁器に絵が印刷されてる、という
ことです。やってみたらおもしろかった。
今後もいろいろ続いていきますが、今回完売したぶんを
また追加生産しまして、来年2018年1月5日から
同じ東京の中野にあるギャラリーSFで展示即売ショー!を
やります。また2週間程度ですが、詳細はまたご案内します。

今回ご覧になれなかった方、欲しいと思っていただい方には
万端繰り合わせよろしくご来展ください。
あと要望の多かった通販も次回はできると思います。
ヨロシクヨロシク。


2017年10月27日金曜日

あと3日(寺田器)

























会場のMさんの後ろ姿ナメで壁の絵を撮ってみた。
そんなわけで残すところ今日をいれてあと3日。
寺田器のファーストエキシビジョンが終わります。
次回は2018年1月5日から同じギャラリーでやります。

波佐見焼の器は、次回も観られますし、購えますが
壁の2面を埋めたゼブラ紙用マッキーで描かれた
絵は、展示会終了後エコフラット(壁用塗料)の
下に見事に消え去る運命ですので、生で観たい方は
ぜひ会場に足をお運びください。


10/14 [土]~10/29 [日] 13:00~21:00 [水曜定休]
入場無料

SF gallery.   東京都中野区中野6-21-1 SF DEPT.B1 
お問い合わせ:SF DEPT. 03-5989-1438


2017年10月16日月曜日

長崎の波佐見焼で食器を作ってもらったこと。























旧知の仲のメチクロの株式会社SFと組んで食器を作った。
名前は「寺田器」にした。テラダキ、と読みますよ。

うつわ、とつけたのはまず第一弾が食器だったからだけど
食器に限らず「器」のイメージがそぐうモノであれば
出していけるかもね、という意識で決めたわけです。
別に食器屋さんに転業したわけではないのです。

メチクロの会社は、たとえば弐瓶勉の世界観をもった服とか
小物とかを企画して製作販売までする事をやったり
メチクロ自身はプロダクトデザインやったりと様々な
業務内容を持っているわけですが、その一環で「寺田克也の」
なにかを作って売ろう、という流れになった次第です。

んで普段使いの食器に寺田の絵が載ってると面白いんじゃ
なかろうか、とかメシを喰いながらなんとなく決めて
それだったら長崎の波佐見焼とつながりがあるからってんで
企画は具体的にスタートした。
イメージとしてはマンガを買うみたいな感覚で食器を買う、って
かんじ。同人誌がたまたま食器のカタチをしているのである。

オレの仕事はあくまでも絵を描く事であるからして
いつものように描いた。それをイングレと呼ばれる、プラモデル
のデカールのような転写シートにプリントし、それを白い陶磁器に
手張りで職人さんが位置決めして移し載せてふたたび窯に入れる。
窯の中で転写シートは釉薬に溶け込み、薄いシートの厚みは
釉薬の厚みとおなじになってつやつやぴかぴかの器の表面で
均等な面イチとなって大変うつくしく仕上がるのです。
おお、陶器おもしろいな。

そんなわけで今中野のSFギャラリーで展示即売ショー!を開催
してます。10月29日(水曜定休)まで。
13時から21時までやってます。
ギャラリーの壁には写真のようにいつものマーカーで絵を描いた。
つまりは壁紙なんである。
ほんとはめちゃめちゃラフに描こうと思ってたんだけど
結局いつものような描き込みをしてしまうのがサガ。
展覧会が終わったらコレは撮影したあと消しますので
できれば会場に観に来てくれるとうれしいです。
会期中もちょいちょい行って、描き足ししてます。